顎関節症

顎関節症の症状や痛みでお悩みの方は大田区西蒲田のたか整骨院へ

このようなあごの不調と頭痛、めまいなどでお悩みではありませんか?

口を動かすと耳の奥、前あたりで「カクカク」「ミシミシ」といった音が聞こえる

あごを動かした際にあごの関節や頬、またこめかみにかけて痛みを感じる

大きく口を開けると耳の下や顎の先に骨がずれたような痛みを感じる

口を大きく開けることができない

大田区蒲田のたか整骨院ではこのようなあごの痛み、かみ合わせなどの不具合による頭痛などの顎関節症の治療に定評があり、蒲田、池上、大森の地元だけでなく遠方からもわざわざ訪れるほどです。
最近では多くの人が顎関節症を潜在的に持っています。あごの痛みは一時的なものですが、進行すると、口を開けるたびに痛くなったり、頭痛やめまいなどの症状となって出る場合もあります。

口を開けるのが怖いなど思い当たる節がある場合は大田区のたか整骨院へご相談ください。

顎関節症の原因と症状

顎関節とは、耳の前にある口を開ける動作の時に動く場所のことを言い、この関節部分にあるあごの骨と頭の骨の緩衝材「間接円板」という組織が骨と骨とをぶつからないようにしてスムーズに動かす役割を持っています。

あごを動かすと「カクカク、ミシミシ、ジャリジャリ」といった音がする場合は、あご関節と間接円板という緩衝材がずれているため起こり、痛みはないため治療を施すほどではありませんが、顎関節症の初期段階と言えます。

この原因としては、少し前は噛み合わせが悪い歯の問題とされていましたが、最近では様々な原因があるとされています。

噛み合わせの異常

あごの筋肉の未発達及び、左右偏った発達

ストレス

猫背やほおづえをつくなどの姿勢の悪さ

などが重なって痛みという症状が出る原因とされています。

特に、ストレスなどで歯ぎしりや歯を食いしばることを無意識にする人は、あご関節に強い負荷を掛けており、
食べるときに左右、片方の歯ばかり使う人は、顎関節が左右均等でなくずれてしまうという傾向にあります。

たか整骨院の顎関節症治療

たか整骨院ではこれらの顎関節症の痛みや不調を矯正法により治療します。
高い効果を実感することができる治療法で、顎の関節を本来の位置に戻し、あご関節に負担のかからない状態に戻します。

あご矯正法 大田区たか整骨院短時間の施術で緩和を実感していただける治療法ですが、長い間のクセでできた歪みはしばらくすると元に戻ってしまうことがあります。
そのため、数回に分けて来院、施術されることと、クセを把握し、なるべく負担をかけないように注意することを心がることで、症状はグッと軽くなり2,3回で悩みからは解放されることが多いです。

また、猫背やほおづえをつくクセのある方は、首、背の矯正法を同時に受けることで姿勢の悪化のクセを抑え効果の高い治療を提供することができます。

比較的、女性に多い顎関節症の痛みですが、たか整骨院で治療される方には、最近は成長途中の中学生、高校生、大学生にも痛みを持っている、また、あごの開け閉めで「ジャリジャリ」という音がするとような症状を感じて、治療される人が増えています。
成長期の顎関節症は痛みがなくても、あごの骨の左右の発達に偏りが出てしまったり、かみ合わせの悪化につながることがあります。

もしお子さんにもあごが外れたような痛みや変な音が聞こえると訴える場合は、早めにご相談ください。
将来的にも、顎関節症を持病として持ってしまう可能性が高いので、早めに治療とクセを治すようにしましょう。

たか式背骨骨盤矯正法 あごコース(顎関節症)

顎関節症治療矯正 大田区蒲田たか整骨院主に、顎関節症のあごの関節を調整するコースです。
頭がい骨とあごの骨のずれを調整して、同時にあごや顔の筋肉のバランスも調整するため、顎関節症の症状に対して効果の高い治療法です。
治療自体に痛みはなく、短時間で効果を発揮します。

たか式背骨骨盤矯正法 全身コース

sekyousei全身を治療するコースです。
首や背中、腰と全身の骨を矯正することにより、全身の骨格のずれを調整してゆきます。
顎関節症には、ストレス、姿勢の悪さなどの影響もあり、無意識の顎への負担が原因となるケースもあります。
あごへの治療の効果を持続させるためにも、猫背やほおづえをつく、TVを横になってみるなどの癖がある方は悪い姿勢を正し、維持することであごへ負担をかけることが少なくなります。

姿勢の気になる方は、あごコースと合わせての治療をされることをお勧めします。
pagnavi

button

大田区たか整骨院にお任せください。

大田区蒲田で10年以上の実績。なかなか良くならない痛みや不調もご相談ください。
予約優先 TEL.03-3755-1975